セラピス☆ベイへようこそ!

運と縁を研究中☆初代セラピス・ベイ代表、あげまんプロジェクト代表、総合調律士nemoさんの最後の弟子のブログです。 HARUKA*染家さくら

強さと弱さと上と下と。

こんにちは!

 

昨日はとある方の月命日でした。

共通のお知り合いの方とランチ。

明日がある確証はどこにもないから、止まれないだなぁと思います。

それは私にとって、長所でも短所でもあります(笑

 

 

強い人ほど脆かったり、脆い人ほど強かったりします。

人の強さには差なんて無いんじゃないか、というのが、最近色々な方とお話ししていて思うことです。

 

心が弱い人ほど体を鍛える。

泣き虫ほどよく笑う。

賑やかな人ほど寂しがり。

 

色々ありますが、要はバランスなんですね。

それは人と人との関係にも言えることですよね。

人という字は支え合って出来ている!っていいますが、需要と供給のバランスが崩れると、絶対にどちらかがつぶれます。


ピラミット式の会社で、組織のリーダーをしている方は、リーダーシップを発揮して人を組織します。

そのリーダーの穴を埋めるように、スポットライトが当たらないところで、有能な働きをする人は必ずいます。リーダーは見えないところでその人に対してのフォローします。出来なけれな組織は崩壊します。

このような一対一の関係ですと、バランスを取ることはまだ出来るかもしれません。

ですがこれが一体多数となると、そうもいかなくなってきます。

組織の上に立てば立つほど、大衆の前では役者にならなければいけません。

それも口だけの役者ではなく、心の伴った役者です。

役者と観客で偉いのはどちらでしょうか。

社長と社員で偉いのはどちらでしょうか。

強いのはどちらでしょうか?

私には選べませんし、そこに人としての優位性が存在するべきではないと思います。

もちろん、例外はあるかもしれませんが。


ピラミット式の階層を持つ組織にいても、人としては常に同じラインでバランスをとる。

同じように、強さと弱さを受け入れてバランスを取る。


強い、弱い。

あるいは、上位、下位。

その差は真に向き合えば、限りなくゼロのようです。