読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピス☆ベイへようこそ!

運と縁を研究中☆初代セラピス・ベイ代表、あげまんプロジェクト代表、総合調律士nemoさんの最後の弟子のブログです。 HARUKA*染家さくら

フィクションとノンフィクションのあいだ。①

これは私の師匠、セラピスベイのnemoさんが書き残したものです。

私も含め、このブログの読者の皆さま一人一人で、意味を読み解いていく必要があります。





----------転送メッセージ----------

日付: 2013年9月6日金曜日
件名: 第1話 改定版

 
 

1話目  アセンションがやってこない・・・(T_T)

 

 

 

 

2012年の冬至

それはある種の人達にとっては運命の刻、となるはずだった…。

 

 

 

2012年の冬至、「アセンション」という、地球が次元上昇する現象を迎える。

人類もその影響を受けて、次元上昇できる人と出来ない人に選別されていく。

人間は地球に合わせて次元上昇していくためにはどうすればいいのか?

次元上昇の兆候としてどのようなことが世界で起きているか?

そういった内容が、様々な見地から語られているものがメインだった。

情報ソースは、主に宇宙人や光の存在を語るものの言葉を降ろしたチャネラーだった。

 

そういった内容がの数々が、

精神世界やスピリチュアルというキーワードに感化された人々の間で伝えられ、

多数の書籍が精神世界コーナーに並び、関連セミナーなどが開催され、

ブログで情報発信する者達が、様々な事象をアセンションの観点で語っていた。

 

 

 

そして2012年の冬至

語られていたような変化は、何も起きなかった。

世界には、いつもと変わらない時間が過ぎていった。

 

 

人間の本性の片鱗というのは、こういう時にこそ垣間見えるものだ。

2012冬至の直前になって、言い訳ともでっち上げともとれる、

取り繕いとしか思えない内容が、[アセンション]という言葉を掲げていた者達の発信するメッセージに羅列されていった。

冬至の後には、時期が延期されただの、人間の覚醒が進んでないからだの、見苦しいとしか思えないメッセージの数々、中には「無事に地球がアセンションしました。おめでとうございます。」といった開き直りともとれるものまであった。




ワロスwww
「おまえら、バカじゃねえの?」


アセンションというキーワードを本気で真面目に受けとめてきた人達の脳裏に、

最後に届いたメッセージは、本当はこれだったのではないだろうか?
端から見れば、非現実的なことを盲信するバカが沢山いるように映ったに違いない
実際、何も起きなかったのだから。。。

 

 

 

アセンションがやってこない(T_T)

 

 

気がついたら 2013年になってる

だけど いつもと何も変わらぬ日々

 

あきらめずに 変化の兆候探してみるけど

どれもしっくりこない

 

宇宙人降りてくれば

楽にアセンションを語れるけど

 

どれだけ待ってもどれだけ待っても アセンションがやってこないよ

次元上昇 嘘だったとしか思えない

 

延期されたと誤魔化してみても いずれは虚しくなるだけ

詐欺の抗議も試してみたけど 見えない相手じゃ意味がない!

 

だから次は絶対騙されない

僕は現金だけは最後までとっておく

 

 

参考:http://www.youtube.com/watch?v=KLbFctG3tw0

 

 

 

…といったような「エアーマンが倒せないの替え歌が出回ったかは定かではないが、

アセンションという言葉にまつわる事象は、急速にオワコン化していった。

ブログの大半は閉鎖され、信じ続けたい一部の者達が細々と情報発信するのみになった。

金儲けの機会に使えなくなった為かは分からないが、海外のチャネラーの来日も激減した。

 

 

 

僕はそれらの流れを、興味深く見てきた。

元々、目に見えない世界にも関心は高かったし、陰謀論にも興味があった。

要は、「自分の目に映る現実を超えたところで起きている何か」が知りたかったのだ。

 

おかげで、友人達からは芸人の「もう中学生」の芸名をもじって、

「まだ中二病」というレッテルを貼られていた。

 

 

僕にとっては、友人達や社会の大多数の人達が認識している現実よりも、

中二病やメンへラと言われてしまう世界観の方が、リアリティーを感じるものだった。

いつも同じような会話、同じような作業、同じような毎日。

それを繰り返してるだけに何も疑問を感じないことの方が、僕には虚構だった。

それが、僕が中二病のレッテルを貼られる所以なのだろう。

 

彼等に合わせるのは簡単だった。

彼らの言葉に相槌を打ち、会話を彼等の興味に合わせ、

変わっていない自分の部分を前面にだしておけば、それだけで関係は保たれる。

時に考え方を茶化される程度のことで、あえて関係性も壊す気もなかった。

その意味では、僕も彼等とたいした変わりはなかった。

興味の対象という微差があるだけで、生き方そのものに大差があるわけではないからだ。

 

彼等からすれば、アセンションというキーワードも、

ノストラダムスの予言と同類の、信じる方がバカというネタの1つに違いない。

 

 

 

しかし
だったらなぜ、世間でスピリチュアルという言葉が知られるようになり、アセンションという概念を発信する者達が少なからずいたんだろうか?
1999
年のノストラダムスの予言で騒いでいた時よりも、はるかに詳細に、具体性が加えられていたと感じるのは、僕だけなのだろうか?


日本の経営コンサルタントの中でもトップレベルで有名だったような人達までが、何冊もの書籍をだしたり、語っていたのは一体何だったのか?

アセンションというキーワードで潜在的な恐怖を煽り、

「これさえ持っていれば…」「これさえ知っていれば…」的な詐欺商法にするなら、

あまりに陳腐で古典的だけど、まだ納得がいく。

 

だけど、金銭目的とは思えない情報発信者も少なくなかった。

中には高額な怪しいセミナーの告知をしている者もいたが、

大半は情報発信に特化していた。

ブログにありがちなアフィリエイトで収入を得ている感じでもなかったし、

何かの情報商材の紹介をしてくるわけでもなかった。

彼等は、一体何がしたかったのだろう?

「自分は次元上昇する側の人間だ」と、特別意識にでも浸りたかったのだろうか?

 

 

 

 

僕の脳裏に浮かんできていた疑問は、

「なぜ、語られていたアセンションという現象が起きなかったのか?」ではなく、

アセンションという概念は一体、何の目的で流布されていったのだろう?」だった。

 

精神世界のようなマイナーな領域でしか広まらないような、

普通に聞けば終末思想などにありがちな妄言でしかないものを、

なぜわざわざ綿密なシナリオめいた流れにする必要があったのだろう?

 

こういった、傍からしたらどうでもいいようなことを真剣に考えてしまうのが、

僕が中二病のレッテルを貼られる要因なのかもしれない。

 

 

 

まるでタブーのように、アセンションに関して何も言わなくなった者。

「私、そんなこと言ってたっけ?」と茶化し、誤魔化す者。

世界で何が起きても「アセンションの兆候がでてきた!」という意味づけにする者。

「あいつら、まだ言ってるよwアテンション、アホンション♪」とバカにし続ける者。

焼き直しの行動の範疇をでない彼等に、新しい何かを見出すことはなかった。

納得のいくメッセージが語られているものは、何1つなかった。


「実際のところは、実態は分からずじまいか・・・。

 別にお花畑系になりたいわけじゃなく、実際のところを知りたかっただけだし、

 目新しい情報がない以上、もう調べるのも潮時だろうな。

 アセンションオワコンの仲間入りをしたってだけの話だしな。

 さて、次の興味対象でも探すとするか・・・。」

 

 

部屋にあった精神世界系の書籍を全て古本屋に持っていき、

気分を一新することにした。

 

 

「古いものを手放せば、新しいものが入ってくる」

 

バカバカしいとは思いながらも、

そんな現実が訪れたりしたら・・・という淡い期待を抱きながら。

 

 

 

 

そんなある日だった。
あの悪魔が僕に語りかけてきたのは